adobeCCのステューデントライセンスを後付けで無事取得した話

adobeCCのステューデントライセンスを後付けで無事取得した話
カード会社からの請求で
なんと「通常ライセンスのまま年度更新」してしまったことが判明。
慌てふためくも、もうどうしようもない…。
絶望で膝が震える中、とりあえずやれる事をやってみて、
無事ステューデントライセンスを取得できたので備忘録で書いておきます。

まず注意したいのが、今年度ステューデントでライセンスを取得していたとしても、3年更新でない限り、そのままだと更新時には通常ライセンスで年度更新してしまうという事実。

できる事なら更新直前の「お支払い情報を入力してください」と言われるタイミングでステューデントライセンスを購入しておきたいですね。

でも、忘れたとしても大丈夫。私も大丈夫でした。
(保証はしかねます!詳しくはアドビの人にご確認ください。)

用意するもの
・平日の10:00-17:00の中の1時間程度の休み時間
・Adobeのアカウント情報
・Adobeのページを開いておく

まず、Adobeのサイトへログインして、自分のアカウントのページを開く。
そこから、「ヘルプとサポート」の、「アドビに問い合わせ」を開き、チャットで以下のことを聞く。

「ステューデントライセンスへ乗り換えを検討しているので、現在のプランを解約し、返金していただくことはできるでしょうか?」

結論から言うと、これで解約は完了した。
自分の場合は、最初の話の流れだとどうも二重に支払う事になってしまいそうで怪しかったが、「学生ライセンスを買うんです」「月末までにすぐやります」ということを強調したところ、おねーさん(だといいな…)に

「そういうことであれば、返金いたします」

と言ってもらえた。

さて、無事に返金してもらえたら、ステューデントライセンスを購入し、ガイダンスに従ってライセンスを適用すればいい。
自分の場合は郵送でなくオンラインでの受け取りだったので、ほぼタイムラグもなくAdobeccを使い続けることができて一安心だった。

そんなわけなので、
「やっべ、ほったらかしのまま更新しちゃったよ」
と言う方も諦めずに一度おねーさん(だといいな…)に相談してみてください。

日記カテゴリの最新記事